音感教育
弦楽器を正しい音程で演奏するには、技術だけではなく≪音感≫が大切なのは、皆さんご存知の通りです。
小さい時から「様々な音」に興味を持ち、まずはその美しさに慣れ親しむことが大事です。

絶対音感を身に付けることも大切ですが、弦楽器を演奏する際に特に必要なのは相対音感です。
音感は、早期教育で「楽しみながら自然に」習得するのが理想的です。リズム感に関しては、
身体で感じそれを表現する能力は幼児期から現れます。早期音感教育、幼児リトミックは、音楽の楽しさを体感しながら、
心身の健康を育み、素晴らしい情操教育の一つとして役立つ事でしょう。

総合教育
実技

音感教育
音楽理論
ヴァイオリンの
レッスン+
音感教育
30分〜個人
ヴァイオリンのレッスンの後に続けて30分〜50分、それぞれのレベルに応じて指導します。

◇ 導入:音符の読み書き、歌・リズム練習他 ◇初級:簡単なソルフェージュや聴音・楽典
◇ 中級: ソルフェージュ・聴音・和声等の他、ヴァイオリンの選曲に沿った楽典の勉強、等
趣味・教養、音楽を専門に目指している学生・一般の方
聴音
ソルフェージュ
初級
1回45分〜

中級・上級
1回60分〜
自由回数

個人
(グループ可)
 音符の読み書き、正しい音程・正しいリズムで歌えるようになる音感訓練、
音を正しく聞き取る聴音の訓練を、年齢と目標に応じて勉強します。
◇ 専門学校に進まれるお子様には、受験内容や必要に応じて、
ソルフェージュ・聴音・ディクテーション(書き取り)等の勉強をします。
◇ 初級:大きな五線を用いて、ドレミの名前を覚えながら、音符を正しい位置に書く事、
簡単なメロディーを歌えるようになる事、拍子を正しくとる事等を学びます。
◇ 中級:ソルフェージュ( 楽曲をドレミで歌う事 )、和声やメロディーの聴音・書き取り、
簡単な楽典の勉強をしながら、音楽の基礎知識を身につけていきます。
◇ 上級: ソルフェージュ・聴音、楽典・理論等、音楽の専門的な知識を身につけます。
ピアノ 1回30分
/45分/60分

月3〜4回
/自由回数
 趣味で楽しく、情操教育の一つとしてピアノを習いたい方は、やさしい曲を弾きながら
好きな曲を弾けるようになるまで、正しい姿勢や手・指の動きの基礎を勉強します。

ピアノを第2楽器として習いたい音楽専門志望の方には、目的に応じて指導します。
短期間
集中クラス
60分〜
自由回数
短期間で集中的に勉強したい方、音楽大学に進学を考えている小・中学生を対象に、
それぞれの目的に応じて指導します。ご希望の方はお問い合わせください。
スクールトップページに戻る→ スクールサロンのご案内 カリキュラム プロフィール
お問い合わせ アクセス 発表会情報 アンサンブル レッスン日程